ツゲイン10(ミノキシジル10%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインに関して【通販リセントリー】

ツゲインは、世界的に有名なインドのシプラ社が製造する育毛剤です。ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のマクニール社が販売するロゲインのジェネリック医薬品です。初期の治療外来では、手頃な価格のジェネリック医薬品であるツゲインの使用を推奨しています。従来のAGA治療薬は女性用を用意していないものが多いのですが、ツゲインは女性用を用意しており、性別に関係なく発毛の少なさに悩む人たちから高い支持を得ているのです。

有効成分であるミノキシジルは、頭皮の血管を発達させ、血流を促進させます。これにより、発毛サイクルの乱れによって毛が抜けてしまった毛の毛母細胞を活性化させ、発毛サイクルを正常な状態に導きます。ツゲインは、日本のドラッグストアでは販売されていません。海外では市販されており、個人輸入サイトで注文することができます。

ミノキシジルの作用は、男性型脱毛症における発毛、育毛、脱毛(アロペシア)過程の保障です。円形脱毛症はAGA(男性型脱毛症)の一種で、遺伝性の脱毛が徐々に進行し、重症化するものです。ツゲインに含まれるケラチンは、毛母細胞に含まれるタンパク質の一つで、髪の成長に欠かせない成分です。ケラチンの働きにより、ツヤのある丈夫で頼りがいのある頭髪が生まれます。

ツゲインは有効成分としてミノキシジルを含んでおり、日本ではCMでおなじみのリアップと同じスタイルの育毛剤です。米国ではロゲインというタイトルで販売されており、ツゲインはロゲインのジェネリック医薬品にあたります。トゥゲインの良さは、他のミノキシジル系育毛剤と同じく、4ヶ月以上6ヶ月で発毛を可能にすることです。ツゲインのような塗るタイプの育毛剤は、内服薬と併用するとさらに効果的です。プロペシアなどのフィナステリド錠やミノキシジルタブレットと併用することで、さらに高い効果が期待できます。

ミノキシジルの含有量によって「2%」「5%」「10%」のタイプがあり、女性にも使用できます。男性の場合、同じAGA治療薬のフィナステリドを有効成分として併用することで、抜け毛進化効果がさらにアップします。髪は2~6年の状態で太く強く成長しますが、成長期の間隔が短くなることで、隙間なく髪が短くなっていきます。早い人では20代から症状が出る人もいます。ミノキシジルは弱った髪の成長を促進します。

ツゲインは、発毛・脱毛・抜け毛(脱毛)を防ぐリアップ(海外名:ロゲイン)のジェネリック医薬品です。頭皮に塗布またはスプレーすることで、毛髪を深く、肥満気味にし、抜けにくくします。模倣品メーカーのシプラ社は、日本ではあまり知られていませんが、世界的には巨大なジェネリック医薬品メーカーであり、世界中の医療機関に数多くのジェネリック医薬品を供給しています。

ミノキシジル濃度の異なる3種類(2%、5%、10%)があり、濃度が濃いものほど発毛効果が高くなります。ツゲイン10%はミノキシジルを10%という高容量で配合しており、その効果は非常に強く、驚くほど強力です。ミノキシジルは、血管を発達させる作用があるため、高血圧の治療薬として医療現場で使用されてきましたが、1980年代以降、米国で発見された頭皮の毛乳頭細胞の自然プロセスを活性化する作用があることから、育毛剤としても注目されるようになったのです。