フォルカン150mg(ダイフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ダイフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フォルカンに関して【通販カンパニー】

フォルカンの効能はジフルカンと同じなので、フォルカンの1回の服用でカンジダ症への効果が期待できます。ジフルカンが50mg錠と100mg錠しかないのに対して、フォルカンは150mg錠があり1錠で治療が可能なのです。フルコナゾールは、カンジダ膣炎などの真菌感染症の治療薬として標準的に使用されている薬です。フルコナゾールの主な副作用は、頭痛や吐き気などの消化器症状です。

フォルカンを服用すると、有効成分が膣分泌液に速やかに溶け込み、抗真菌作用を発揮します。膣カンジダの原因菌であるカンジダの増殖を抑制し、膣内の異常分泌物やかゆみ、かぶれなどの症状を緩和します。10~50歳代の女性の約5人に1人が膣カンジダの既往があるといわれています。外陰部のかゆみや炎症、おりものの異常などが、腟カンジダ症の主な症状です。カンジダ症には、「フォルカン」などのフルコナゾール製剤が有効です。

効果については、日にちを置いて服用したかどうかにかかわらず、早ければ3日目には現れることがあります。フォルカンによる日光浴を初めてから各月が経過するころには、ほとんどの人で自覚症状は完全に消失します。2015年に日本で承認されたフルコナゾールは、膣カンジダを内服薬で治療できる、今までにない抗真菌薬です。従来の膣錠を6日間連用する膣カンジダ治療法に比べ、利便性に優れた新しい膣カンジダ治療法として注目されています。なお、不眠症の治療薬としてトリアゾラム(ハルシオン)を服用するケースが多いため、フルコナゾールと同時に使用しないように注意してください。

体が疲れていると、病気の原因となる真菌に抵抗する免疫力が低下し、体内で真菌が異常に増殖し、肺や消化管に症状が出る内臓真菌症(深在性真菌症)や呼吸器真菌症になる可能性があるため、注意が必要です。このような症状に有効なのが、抗真菌薬「フォルカン」です。1日1回の服用で、特に食前・食後の基準はありません。2回目以降の服用は、前回の服用から24時間以上経過してからにします。

フルコナゾールとトリアゾラム(ハルシオン)の併用は、トリアゾラム(ハルシオン)の作用が強くなる可能性があります。そのため、トリアゾラム(ハルシオン)の眠気効果が進化しすぎて転倒などの大きな支障が出ることを期待しての同時使用は厳禁とされています。腟カンジダ症は再発しやすく、仕事に伴う疲労やムカムカ、風邪症候群などで免疫力が低下すると、本人が気にしていないと再発します。膣カンジダ症の再発が早ければ早いほど、フルコナゾールの治療効果は高くなります。

フルコナゾールはカンジダ菌に対して優れた効果を発揮し、特に膣カンジダ症の治療に適しています。日本で行われた臨床試験では、腟カンジダ症の方に先発薬のジフルカン150mgを1回服用いただき、症状の改善率がおよそ96%でした。真菌の増殖を抑え、真菌特有の細胞膜であるエルゴステロールの合成を阻害することで真菌を死滅させる。エルゴステロールは人間の細胞には存在しないため、真菌にのみ作用します。

有効成分のフルコナゾールは、カンジダ症の原因となる真菌(カビ)に対する殺菌剤です。真菌類やヒトを含む多くの生物は、細胞を取り囲む膜を持っています。この膜を細胞膜といい、ヒトの細胞膜の成分はコレステロールである。真菌の細胞膜は、コレステロールではなくエルゴステロールで構成されています。