フォルカン150mg(ジフルカン・ジェネリック)

フォルカン200mg(ジフルカン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジフルカンに関して【通販カリヨン薬局】

ジフルカンの有効成分フルコナゾールは、カンジダなどの真菌感染症の治療に用いられる多くの薬剤の中の一つです。ジフルカンジェネリックはアゾール系抗真菌薬に分類され、女性の膣カンジダ症、クリプトコックス症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、菌状息肉症、髄膜炎など非常に多くの症状の治療に使用されています。

錠剤なので飲みやすく、ジェネリック医薬品なので同じ成分の薬よりも安価に購入できます。カンジダ症は、カンジダという真菌に接触感染することで炎症や痛みなど様々な症状を引き起こす病気で、水虫に次いで多い真菌感染症です。カンジダは細菌ではなく真菌に仕分けされ、単細胞である細菌よりも増菌である真菌の方が重症化しやすいと言われています。

腟カンジダ症は性病ではありません。原因となるカンジダ菌は、強い女性の性器に通常存在する常在菌です。刺激や行為によってカンジダ菌が増殖し、あまりに目立つようになると症状が出ることが見られます。ジフルカン・ジェネリック「フォルカン」は、ファイザー社が創製・販売している抗真菌(カビ)治療薬「ジフルカン(Diflucan)」のジェネリック医薬品です。体内に入れると、性感染症として有名なカンジダ症だけでなく、ものすごい数の真菌感染症を治療することができます。

ジフルカン・ジェネリック「フォルカン」は、抗菌薬ジフルカンのジェネリック医薬品です。カンジダなどの真菌(カビ)接触感染に有効な抗生物質です。2011年、造血幹細胞切り替えコンサルタントに対する深層真菌感染防御の効果・実績が認められ、表面情報リクエストのイレギュラーで存在し、投稿で膨大な話題となりました。

フルコナゾールは、主に膣カンジダ症の治療+抑制に使用されます。腟カンジダは、カンジダ属の真菌によって引き起こされます。ジェネリック医薬品もあり、錠剤のほか、カプセル、ドライシロップ、点滴などの剤形が開発されており、小児だけでなく新生児に使用されることもある、安静効果の高い薬剤です。カンジダ症は、接触感染よりも、挑発、睡眠不足、ホルモンバランスの崩れ、免疫の減退などによって発症することが多いようです。カンジダ症を放置して症状が悪化すると、外陰部のかゆみ、排尿痛、悪臭を伴うおりものなどの症状を発症します。

カンジダ膣炎は、女性の5人に1人がかかる接触感染症で、弛緩帯のかゆみや赤み、白くボロボロのおりものの出現、排尿時や行為時の痛みなどの症状が出ます。フルコナゾールは、血液、呼吸器、消化器、尿路、髄膜などの真菌感染症の治療のために体内に取り込まれるほか、骨髄移植などの造血幹細胞移植における真菌感染症の予防にも使用されます。接触感染の原因となる真菌の細胞膜成分の合成を阻害することで、真菌の増殖をセーブします。フォルカンは、膣カンジダ治療薬「ジフルカン」(Diflucan)のジェネリック医薬品です。有効成分フルコナゾールは、水虫や膣カンジダなどの真菌による接触感染症を治療する抗生物質です。